アトピー性皮膚炎とは?

アトピー

強い痒みを伴うアトピー性皮膚炎は、乳幼児の発症も多い疾患です。症状には個人差がありますが、「真っ赤な湿疹」や「ジクジクとした湿疹」、「皮膚が盛り上がった湿疹」などに悩まされる人が多い傾向があるとされています。また発症部位については、肘の内側、腿の付け根、脇の下などの「柔らかい部分」に生じやすい傾向があるようです。

全ての症状に共通するのは「強い痒み」と「回復と悪化を繰り返す」という2つのポイントになりますので、心当たりのある人は皮膚科専門医の診察を受けてみてください。

アトピー性皮膚炎は体質による原因が大きい!

アトピー性皮膚炎を起こす人のほとんどは、アレルゲンに反応しやすい「アトピー素因」を持っています。アトピー素因は、家族が花粉症や喘息、結膜炎、アレルギー性鼻炎などの「アレルギー疾患」を持っているだけでも該当しますので、本人だけの原因ではなく遺伝による部分も大きいと言えそうです。

またアレルゲンと結合して炎症を起こす物質「IgE抗体」を作りやすい体質であるとも言えますので、アトピー素因は2パターンあることを覚えておいてください。IgE抗体に関するアトピー素因は、本人の免疫機能などを高めることで改善が見られる部分となるため、「アトピー素因があるから、アトピー性皮膚炎が治らない」という定義にはならないと言えるでしょう。

アトピー性皮膚炎の人は腸内環境が悪い!

アトピー性皮膚炎の悪化に繋がるIgE抗体は、腸内環境の悪化によって生じる傾向が高い物質です。偏食や不規則な生活習慣、ストレスなどによって腸内環境が悪化すると、悪玉菌によって腸の粘膜がボロボロに傷つけられる状態になってしまいます。

その結果としてIgE抗体の産生につながるアレルゲンが体内に侵入しやくなるため、本人のアトピー素因を抑えるには、腸内環境の改善が必要となってくるのです。

またアレルゲンによって刺激された粘膜は炎症が起こりやすくなっていますので、「体の中と外のダブルでアトピー性皮膚炎が起こっている」とイメージしてください。

残留塩素が腸内環境を悪化させることもある

suido

近年では、水道水に含まれる残留塩素がアトピー性皮膚炎の悪化に関係しているという報告も多く見受けられるようになりました。食道や胃腸が未発達の赤ちゃんは、水道水に含まれる残留塩素の影響を受けやすい体質となっています。

また水道水を使って水浴びを行えば、体の外と中のダブルで残留塩素の刺激を受けることになりますので、結果的にアレルゲンによるトラブルが起こりやすくなってしまうのです。全身の免疫機能も低く肌トラブルの起こりやすい赤ちゃんは、アトピー性皮膚炎を発症しやすい時期と考えられています。

その原因のひとつに残留塩素による腸内粘膜の破壊も考えられます。アレルギー体質の方は特に、塩素の入った水道水は飲料としては控えるようにしましょう。

アレルギー体質の方におすすめ!注目の水素水

活性酸素は、炎症、免疫反応を促進する働きがあります。ストレスや不規則な生活などで発生した活性酸素によって、炎症と過剰な免疫が促進されて、アレルギー症状がひどくなってしまうのです。

活性酸素や毒素を排出する効果があることで大変注目されているのが、”水素水”です。ペットボトルでは、水素が抜けてしまうので、コンビニなどでは購入ができません。

通販で特殊な容器に入ったもか、水素水サーバーを購入する必要があります。活性酸素を除去して、老化や腸内環境の改善にとても効果があります。

水素水が高価で難しい場合は、アルカリイオン水(キリンのアルカリイオン水なら、ペットボトルで1本100円以下で買えます。)もおすすめです。とにかく、水道水を飲料として飲むことは避けましょう。

乳酸菌で腸内環境とアトピー性皮膚炎をダブルで改善!

アレルギー疾患に関する研究が進んでいる現代では、「乳酸菌の長期摂取とアトピー性皮膚炎の関係」について注目が集まっています。

乳酸菌には腸内環境を良好に導く作用があるため、便秘による肌トラブルに悩む方々にも高い回復効果が期待できます。また腸内の免疫機能が回復すればアトピー性皮膚炎の悪化に繋がるIgE抗体の抑制もできますので、乳酸菌の摂取は一石二鳥以上のメリットがあるのです。

カルピスによる研究結果では「1日20mgの乳酸菌摂取でアトピー性の湿疹が改善する」という報告もありますので、発酵食品やヨーグルト、乳酸菌飲料などを活用しながら「毎日乳酸菌を摂取する習慣」を付けると良いでしょう。

まとめ

普段何気なく飲んでいる水道水の塩素が、アレルギーを引き起こしている可能性もあります。活性酸素を除去する水素水か、アルカリイオン水を取り入れましょう。

また、乳酸菌によってIgE抗体の抑制が行われると、アレルギー性鼻炎や喘息、花粉症などの予防効果も得られます。アレルゲンに負けない元気な肌を作るためにも、自分に合った乳酸菌摂取の方法を考えてみてください。

乳酸菌と新鮮なお水で、アレルギー体質を緩和しましょう。

乳酸菌サプリひろば