アレルケアの副作用は?過敏性大腸炎・花粉症・アトピー持ちの方の実体験

toire
私は61歳の主婦です。私の体の悩みは「過敏性大腸症候群」&「花粉症」&「アトピー」です。現在の一番の悩みは「過敏性大腸症候群」で、日々の生活にも支障をきたしています。とにかく下痢症状がひどくて、トイレに出たり入ったりと大変なんです。これでは外出もままなりません。病院で処方されている薬は「ミヤBM細粒」「コロネル細粒83.3%」「イトプリド塩酸塩錠50mg」で胃腸の働きと便通をととのえてくれるもの、下痢がひどい時は「タンニン酸アルブミン」また冬場は逆に便秘が続くと「マグラックス錠」を飲んでいます。

また、花粉症を発症したのが35歳の時です。とめどなく流れてくる鼻水は薬をのんでも効き目が短くて仕事にも支障をきたしていました。仕事中は鼻にティッシュを詰めてマスクをしていました。笑えるでしょう!

新聞に○○大学病院で「花粉症」に効果的な治療法があることを知り、早速受診しその治療が可能かどうかテストを受けました。アレルゲンを体内に注射して少しづつ抗体をつくっていくというものでした。どのアレルゲンに反応するか、アレルゲンを皮膚に少量注射して反応を見るというもので、結果、私はすべてのアレルゲンにアレルギー反応が強くでており、この治療法はしないほうが良いと診断されがっかりして帰宅したのを覚えています。

それ以来、自分なりに「ハーブ茶」「漢方薬」など試してみましたが症状は少し改善したものの春と秋には薬を飲まないと鼻水は止まりません。外出時は帽子、マスクは必ずつけています。ハウスダストもなるべくこまめに掃除をしてホコリを溜めないようにしています。○○コップを布団にしっかりかけて、ホコリを叩きださないように気をつけています。あと冬場になると体がカサカサになり痒みにも悩まされているんです。とにかく肌にクリームを塗って乾燥しないようにしています。

このアレルギー体質をなんとか改善したいと思い、発酵食品「納豆・ヨーグルト・乳酸菌飲料」をなるべく摂るように心掛けていますが、食事の内容に関係なく症状が変わる「過敏性大腸症候群」にはお手上げ状態です。なんとか改善したい。そんな時、新聞で「アレルケア」の広告を見て飲んでみたいと思いました。「L-92乳酸菌」というカルピス社の研究の中から選び出された独自の乳酸菌で、体の中から強くするというところに惹かれました。胃酸や消化液に強く、体内でも生き延びやすい乳酸菌で牛乳ヨーグルトなどの一般的な乳酸からは摂ることが出来ないもので、毎日継続して摂取することで体の中からバランスを調整していくというこの「L-92乳酸菌」は私の体が求めているものだと思いました。

早速「アレルケア」をネットで購入、飲んでみました。噛んでも良いということなので噛んでみたら結構美味しいです。これなら続けられると思いました。飲み続けて2週間位たったころずっと便秘が続いていて、腸が動いていないような、胸がムカムカするような、下腹の痛みも出てきたので下剤を飲みましたが効目がありません。朝一番に氷水を飲んだりリンゴは皮つきのままヨーグルトをかけて食べてみたりしましたがお腹も随分張り出てきて固い感じです。

このまま飲み続けたほうがいいのかカルピス社に問い合わせをしたところ乳酸菌も種類によっては合わないこともあるので、とりあえず飲まないで下さいと言われました。その際私は6ケ月分の定期コースの予約をしていましたが、定期コースも止めておきますと丁寧な応対をして頂きました。
rentogen
病院でレントゲンを撮ってみたところ便が腹部に詰まってしまって、このままだと腸閉塞をおこすので即、浣腸されましたが完全ではなく自宅で下剤を飲んで二日目にようやくスッキリしました。乳酸菌でも人によっては合わないこともあるんだと勉強になりました。まず自分の症状を先に相談してから飲むべきでした。