アレルケアこども用の口コミ体験を実施します。

大人アトピーにアレルケアの効果があるかの体験談をこちらのサイトで実施させていただきました。効果としては、少しの間飲んでみて便秘になることがなければ、化改善がみれらたという結果でした。

今回は、アレルケアのこども用の効果について、アトピーにお悩みのお子様に体験していただく企画をたてました。以下、1ヶ月目の詳しい体験談になりますので、参考にしてください。

アトピー性皮膚炎に悩む3歳のお子方に体験いただきました。

息子のアトピーについて

現在3歳の我が家の息子は、アトピー性皮膚炎と診断されており、湿疹やかゆみに悩む日々を送っています。

アトピーと診断されるまでの経緯

息子は新生児の頃から肌が弱く、赤い湿疹やかゆみ、ガサガサなど皮膚にさまざまなトラブルを抱えていました。病院にいくと、生後半年くらいまでは「まだ小さすぎて、この月齢特有の乳児湿疹かアトピー性皮膚炎かはまだわからない」と言われていましたが、1歳前後あたりから、複数の小児科や皮膚科で「まあアトピーと言えるかな」「アトピーかもしれないね」のような感じの診断が下されるようになりました。

息子の肌の状況– かゆみとの戦いー

アトピー

まだ寝返りもできないような生後数ヶ月の頃から身体をかゆがり、よくおなかや顔、頭などをかいていました。

授乳中や寝る前は特に体温が上がってかゆみが増すようで、全身をボリボリとかきむしり、その度に母親として胸が締め付けられるような思いをしてきました。

1歳半を過ぎて話ができるようになってからは、夜布団に入ると必ず「かゆい~」「かいて~かいて~」とせがまれ、背中をかきながら眠りにつく、という日々が続いています。もう寝る前の入眠儀式のようになっており、長いときには1時間近くずっとかき続けているときもあります。

アトピーを抑えるために行っていること

・ステロイドや保湿、病院について

これまでいろいろな病院に行きましたが、医師によってステロイドや保湿に対する考え方が異なり、どの医師の方針に従うか、どうやって薬や保湿と付き合うかを判断するのが難しいところです。
たいていの病院では「しっかり保湿をして、ステロイドを怖がらずにきちんと使って綺麗な肌を保ちましょう」と指導されますが、私としてはなるべくステロイドを使いたくないという気持ちがあり、でもかゆがる息子を見ているのはつらいので、今は少量のステロイドを使いながら、肌の状態がひどくならないようなんとかコントロールしている状態です。

kodomo2

我が家から少し離れたところに

  • 「小さな子どもにはなるべくステロイドを使わない」
  • 「必要な場合のみ、弱いステロイドを短期間使う。良くなれば使用をやめて、良くならなければ強いステロイドに変えるのではなく薬の系統を変えてみる」
  • 「基本的には保湿はしない。するのはよっぽどひどい場合のみ」

という方針の皮膚科があり、現在はその先生に診てもらっています。

しかし、これでよいのかな、といつも気持ちは揺れています・・・ 実際、「保湿第一&良くなってもしばらくはステロイドを塗り続ける」という医師の方針に従っていた時期もあり、優柔不断な状態です。

現在は、前述の皮膚科医の指導のもとで、弱めのステロイドとかゆみを抑える飲み薬を使っています。

生活する上で気をつけていること

食事

野菜と魚中心の食生活を心がけて、揚げ物や白砂糖、加工食品などのアトピーを悪化させる要因といわれているものはなるべく避けるようにしています。おやつはなるべく果物やおせんべいなどが中心です。

しかし息子は甘いものが大好きなので、完全に絶つことはできず、たまにソフトクリームやジュースなど甘いものも口にしています。

アトピーにはストレスも良くないと聞きますし、母親の私もいい加減な性格なので、あまり徹底できず、食事制限はほどほどでOKということにしています。

ダニ対策

なるべくこまめにシーツやベッドパッドを洗うようにしています。しかし天気が悪かったり忙しかったりするとなかなか・・・ なんせシーツ以外の洗濯物が多くて多くて、それだけでも大変なのです・・・ しかし、できるだけ寝具は頻繁に洗濯するよう努力しています。

また、床はすべてフローリングの家を選び、ルンバ+コードレス掃除機でなるべく頻繁に掃除機をかけるようにしています。が、こちらもやはり少々いい加減・・・ 生活改善については、もう少し徹底したいところです。

このような感じで、現在はステロイド+かゆみ止めの飲み薬+いい加減ながらも多少の生活改善をしながら、肌をなんとかかんとかコントロールしている状態です。

アレルケア1か月目の体験談

kodomo

アレルケア自体について

薬ではないのでぽりぽり噛んで食べてよいとのことで、息子は水なしでそのまま食べています。

味はぶどう味を選びましたが、見た目も味もまるでラムネのお菓子です。薬っぽさは皆無で、甘くてとってもおいしいです。

息子は毎日「ぶどうのおくすりちょうだい!早く!」とせがんできて、食べたくて食べたくて仕方がない様子・・・ 最初のころは朝1粒、夜1粒食べていましたが、朝になると「2つちょうだい~~夜がまんするから~~」と言われるので、朝2粒になりました。我が家の息子に限らず、たいていのお子さんが喜んで食べたがると思います。

1か月続けてみての感想

飲み始めて1ヶ月たちましたが、正直なところ目に見えるような効果はまだ感じられません。

毎晩寝るときに「かゆいかゆい」「かいて~」と言われて背中をボリボリかいている状況は変わりありません。肌の状態については、部位によって良くなったり悪くなったりしている状態です。

1か月前は、背中やおしり、わきの下などにかき壊したあとがありましたが(写真あり)、今はそれらの部位の状態は改善したものの、1か月前には問題のなかったヒジやヒザの裏が悪化しています(かき壊してカサブタになっている状態。写真あり)。
便通が良くなったり、逆に悪くなったりなどの変化が見られる方もいるようですが、息子の場合は便通にも特に変化はありません。
ですが、効果が出るまでには数ヶ月かかるようですし、定期購入を申し込んでいるので、もうしばらく続けてみるつもりです。薬ではなくもともと即効性が期待できるような類のものではないと思いますので、長い目で見たいと思います。

<<2か月目体験中です。後日記載致します>>