アレルケア子供用2か月目の体験レポートをいただきました。

3歳の息子さんがアトピーを発症されており、アレルケアを飲まれているAさんの体験2か月目です。1か月目は大きな変化がない状態でしたが、2か月目体験されて、少し症状が落ち着いてこられているそうです。

子供アトピーアレルケア体験談・1か月目はこちら

詳しいレポートをいただきましたので、お子さんのアトピーでお悩みの方は是非参考にしていただけましたら幸いです。

kodomo

アレルケア自体について

2か月目も、息子はアレルケアのタブレットをお菓子と同じような感覚で喜んで食べてくれます。毎日「お薬ちょうだい~」と言いながら、自分から進んで食べています。

2か月続けてみての感想

アレルケアを飲み始めて2か月たちました。2か月たった現在、肌の調子はかなり良い状態です。

koromoareru

わきの下の前後がかゆいようで、両わきともかき壊した状態になっていますが、ヒジとヒザの裏、背中、おしり部分のかき壊してかさぶたになっていた箇所はだいぶ良くなりました。

アトピーが発症してかなり赤味がでて、乾燥も酷い状態でしたが、全体的に炎症がおさまっている状態です。

1か月目の症状と比べると一目瞭然です。

 

atopyba

しかし、常にどこかしら調子の悪い部分はあり、現在は前述のとおりわきの前後が傷のような状態になっているため、ステロイド(キンダーべート)をほぼ毎晩塗っている状態です。またかゆみ止めの飲み薬(抗ヒスタミン剤)も毎晩飲んでいます。
そのような状態ですが、飲み始めた2か月前と比べると、現在の状態は確実に良くなっていると思います。アレルケアのおかげで改善しているのかどうかは、はっきりとはわかりません。

生活する上で気をつけていること

前回、食事とダニ対策について書きましたが、今回はそれ以外で日ごろ息子の肌のために気をつけていることについて書きたいと思います。

衣服の素材や洗濯

以前皮膚科で、肌着など肌に触れる衣服の素材は綿100%でなるべく白いものにするようにと言われ、そのように心がけています。

冬の上着などでは化繊も着ますが、それ以外の衣類はほぼすべて綿95~100%のものを選んでいます。なるべく肌に刺激にならない柔らかい服を選ぶようにしています。

洗濯は合成洗剤ではなく液体せっけんをずっと使っていましたが、先月から液体せっけんもやめてみたので(詳しくは後述します)、このまましばらく様子を見たいと思います。

お風呂のお湯

水道水に含まれる塩素が肌への刺激になることもあると聞いて、湯船のお湯の塩素を中和するために粉末のビタミンC(アスコルビン酸)を湯船に少量入れています。また、シャワーヘッドも塩素除去フィルターのついた専用のものに変えています。

新たに始めてみたこと

カスピ海ヨーグルト

まだ始めてから1週間程度ですが、アトピーに良いと聞いたカスピ海ヨーグルトを試してみています。

砂糖などを入れずにそのまま食べたり、バナナなどのフルーツを入れたりしています。

息子はもともとヨーグルトが好きなので、喜んで食べています。今はお店で買ったカスピ海ヨーグルトを食べていますが、手づくり用の種菌も手に入れたので、今後は自分で手づくりしていきたいと思っています。

洗剤を使わない洗濯

もともと肌のことを考えて合成洗剤は使わず液体せっけんを使ってきたのですが、先月から液体せっけんもやめて、高純度のマグネシウムで汚れを落とすという製品を使い始めました。

マグネシウムが洗濯槽の水を水素を含むアルカリイオン水に変えて汚れをきれいに落とすとのことです。

消臭、洗浄、抗菌効果に優れ、雑菌の発生や繁殖を防ぐそうです。液体せっけんのすすぎ残りや石鹸カスなどが肌の刺激になる可能性もあるので、洗剤を使わない洗濯には関心がありました。今のところ汚れ落ちなどに不満はないので、しばらくは使い続けてみるつもりです。

子供アトピーへのアレルケアの効果のまとめ

赤くはれてただれていた部分がなくなり、肌がすべらかになっています。もちろん、アレルケア以外の食べ物や、肌に触れる衣服で刺激を与えないよう、注意をはらっていらっしゃいます。

ステロイドの塗り薬も使用されています。1か月目よりも、お子さんのアトピーは確実に改善しています。

大人のアトピーでアレルケアを体験された方がいらっしゃったのですが、まったく同じような改善が見られました。

>>大人アトピーの方のアレルケアの体験談

1か月では、はっきり改善がみられないけれど、なんとなくアトピーが楽になってきた、2か月目でかなり良くなってきてかなり肌が落ち着いてきた、とのことでした。

薬だと、はっきりと効果があった!と分かるのですが、どちらかというと漢方薬のように、飲み続けていて、効果を感じ始める傾向があるようです。

それでは、また3か月目にご報告いたします。