腸は健康のバロメーターです。

いままでうんちがしっかり出ていたのに、なんだか最近便秘気味だな・・・。ということがあれば、なんらかの不調が潜んでいる可能性があるので、注意して体調を観察しましょう!

病気が原因の便秘が考えられるなら、早めに検査を受け、慢性のものなら、便秘を改善する努力をしていきましょう!

便秘には急性と・慢性があります

cho (2)

便秘には、急に起こるものと、便秘がつづく慢性ものがあります。その中でもいつかに分類されますので、みていきましょう。

1・一過性単純性便秘

食べ物や生活の変化、一時のストレスなどによって、急に起こる便秘です。

環境が変わって付き合い続きで外食ばかりだし、ストレスも感じるなあ・・。そんな外的な要因が主で起こるのがこの「一過性単純性便秘」です。

食事をもとに戻し、ストレスを取り除けば、この便秘は解消します。(あまり続くようですと慢性化しやすいので、注意が必要ですね。)

2.症候性便秘

病気が原因で起こる便秘です。慢性のものも急性の場合もあります。

腹痛や吐き気がして、便秘がさらにひどくなります。血(潜血)が混じる場合もあります。大腸ポリープや、腸閉塞、大腸ガンなど、重大な病気が潜んでいる場合もありますので、病院で検査をしましょう。

私の母も、先日腸閉塞になりかけていたのですが、一歩手前の検査で気が付いて、薬を飲んで対処しましたので大事にはいたりませんでした。

3.結腸性便秘(弛緩性便秘)

便秘のなかで一番多いのがこの種類です。大腸の緊張がゆるみ、蠕動運動(腸がうんちを出すために動くこと!)が弱いために起こります。

女性は筋力がないので、女性に便秘が多いのもお腹の筋力が弱いのも原因のひとつです。

また、排便のときに筋力が弱いためにいきめず、うんちがうまく出せないために、便秘の症状がひとくなることがあります。

腸内環境も悪くなり、ガスがたまり、お腹が張る、頭痛、めまい、疲労感、倦怠感などを起こす方もいらっしゃいます。

筋力が弱い高齢者、運動不足の方、女性がなりやすい傾向にあります。

腸内環境が悪い状態が続くと、大腸の病気にもかかりやすくなります。女性の大腸がんが多いのは、こういった便秘にかかりやすいことも原因のひとつです。

直腸性便秘

腸の中で便が直腸に達すると(肛門付近の腸)脳から指令がでて便意が起こるのですが、その指令がなんらかの理由でうまくいかなくなるのが、直腸性便秘です。

よく、うんちがしたくなって我慢すると便秘になりやすいときいたことはありますか?

排便をがまんすると”うんちを出したい”という指令(神経)が鈍くなって便意を感じずらくなります。

うんちを我慢してはいけないのはこのためなのですね。

便意があったから便を出すのではなく、浣腸や下剤に頼ってしまうと、脳からの指令が神経にいきずらくなってしまいます。

便がつまるため、コロコロした固い便になることが特徴です。

ケイレイン性便秘

結腸性便秘(弛緩性便秘)の逆で大腸の運動が強くなりすぎて痙攣(ケイレン)を起こすために便が通過できずに便意をもよおします。

食事をとると下っ腹が痛くなることが特徴。

便意は起こりますが、痙攣(ケイレン)のため便が詰まった状態になってコロコロとした便が少量しか出ません。

下痢と便秘が交互に続く場合もあります。

ストレスが大きな要因と考えられています。

便秘の種類、まとめ

便秘の種類といっても、このようにいくつか種類があります。

原因は、ストレスであったり、筋肉が弱いために排便がスムーズにできないことであったりします。

便秘の種類から、自分の今の体調の問題点や、改善したほうがいい部分が見えてきますね。また、病院にいって検査したほうがいい場合もあります。早期発見すれば、適切な治療ができることが多いのです。

便秘はわかりやすい健康のバロメーターですので、ひごろからチェックしましょう。