残念ながら、年齢とともに、ビフィズス菌(善玉菌)は減ってしまいます。ではビフィズス菌が減ることがどのように体に影響を与えるか、また、どのようにビフィズス菌の減少に対応していけばよいか、ご紹介していきます!

一生のうちで菌数の変化が大きいビフィズス菌

腸内細菌のバランスの鍵を握るビフィズス菌が、年齢によって腸内でどのように変化するか、その傾向を見てみましょう。

人間の大腸には、生まれる前から細菌がいるわけではありません。無菌状態で生まれ、その後、腸内に細菌がすみつき、年齢とともに、種類や優勢になる細菌の割合が変化していきます。

意外ですが、生まれ落ちた直後は大腸菌などが多く、母乳やミルクを飲み始めるとビフィズス菌が急激に増えます。

そして、離乳を境にして腸内の細菌の数も種類も増え、年齢を重ねるとごに、善玉菌が減って悪玉菌が増えるといったパターンが見られます。

赤ちゃんのころは、なんと95%以上がビフィズス菌!

ビフィズス菌は、出生直後の赤ちゃんの腸内には一切生息していませんが、生後2日目ごろから増殖し始めます。通常、生後35日目の赤ちゃんの腸内は、なんと95%以上もビフィズス菌に占められていることが知られています。あかちゃんのうんちは臭くありませんよね。これは、善玉菌に満ちた腸内環境のためなのです。

その後、離乳期から急激に減り始め、成年期には安定していますが、高齢になるにしたがって、減少していきます。

母親の胎内で10ヶ月無菌状態だった赤ちゃんが生まれ落ちるとすぐ、腸をはじめとする消化管、皮膚や気道など、さまざまなところに細菌がすみつきはじめます。赤ちゃんの腸内にいち早く登場するのが、大腸菌や腸球菌で、これらは、どんな環境でも生育しやすく、ふん便1グラムあたり、1000個から1億個いるといわれています。

また同時期に、数は低いものの、クロストリジウムや黄色ブドウ球菌などの悪玉菌も登場してきます。

生後5日ほどすると、ビフィズス菌やバクテロイデス、嫌気性球菌などの大部分の嫌気性菌(酵素を必要としない菌)が登場します。とくにビフィズス菌は、母乳やミルクに含まれる乳糖をえさに増殖するため、急激に増えてきます。これらの菌は便1グラムあたり1000億個存在し、一生にわたって人間と共生関係をもつことになります。

離乳期以降、さまざまなものを食べるようになると、腸内細菌にも変化が生じます。赤ちゃんの腸内のほとんどを占めていたビフィズス菌は全体の10%程度に減ってきます。それまで、乳糖をえさとしていたビフィズス菌が他の中間的な菌に代わられるのです。そして、再び乳製品をとりはじめる3歳前後から、ビフィズス菌の割合が20%程度になり、腸内細菌は安定していきます。

ビフィスス菌が減ると腸にどんな影響を与えるの?

baby

老年期になって、腸のぜん動運動がにぶくなると、腸のなかに変化が起こります。

ご老人の方の便はくさいのですがここに理由があります。善玉菌であるビフィズス菌が急激に減少し、悪玉菌の代表格であるウェルシュ菌や大腸菌、腸球菌が大幅に増加してくるからです。

老年期の人の80%に、多くの悪玉菌が見つかっています。認知症の老人からは、クロストリジウムのなかでも、とくに、ウェルシュ菌が多く検出されます。これは、人の老化に伴うさまざまな生理機能の低下の結果、食べたものが腸内に長くとどまり、腸内の腐敗が進行したためだと考えられます。

腸内で腐敗菌が増加すると有害物質が多く作られ、それらが腸管から吸収されて全身に及び、老化が促進されたり、発がんに結びつきます。腸内菌叢の変化、とくに、悪玉菌の増加は、健康に大きな影響を与えるのです。

腸の若返り、は今からでも遅くない!

tyou

管理人自身も仕事でパソコン時間が長い、ついつい野菜不足になる、つきあいでお酒を飲んでしまう、といったことがあるのですが・・・背生活習慣を変えれば、いくらでも腸の若返らせることはできますので、まずは少しずつ生活習慣、食生活を改善していきましょう!

最近では、乳酸菌の研究も進んでいて、森下仁丹のビフィーナのように、乳酸菌を生きたまま腸まで届けるサプリの開発なども進んでいます。減ってしまったビフィズス菌を補うことができるというわけです。

キーワードは、

  • ビフィズス菌のサプリやヨーグルトを取り入れること、
  • 水溶性食物繊維、不溶性食物繊維をバランスよくとること
  • オリゴ糖、オリーブオイルを取り入れること

などなど・・・・

こちらにくわしくまとめてありますので、ご覧くださいね!unch

 

 

 

 

便活をはじめしょう!

ホームへもどる