ヒト由来の乳酸菌は、「人のお腹の中にいた菌を培養したもの」です。

ヒト由来とされる乳酸菌の多くは、「人間の糞便」から分離精製されたものとなりますが、分離が完了した段階で「ただの菌」となるため、抽出元が糞便であっても不衛生というわけではありません。食品として「口に入れること」に抵抗のある方は、糖衣やカプセルでコーティングされている「ヒト由来の乳酸菌サプリメント」を摂取するようにしてください。

ヒト由来の乳酸菌を摂取するメリットとは?

meneki

ヒト由来の乳酸菌を摂取する最大のメリットは、「胃酸に強く定着性が高い」ということです。

ヒト由来の乳酸菌は「もともと人間のお腹に存在していたもの」となりますので、他の乳酸菌と比べて胃酸に負けずに腸まで届くことができるのです。

また「他の乳酸菌と比べて人間との相性が良い存在」となりますので、他の乳酸菌の作用がなかなか実感できない人は、ヒト由来の商品にシフトしてみると良いでしょう。

人間の体に存在していたヒト由来の乳酸菌は、安全性の高さでも定評のある存在です。

ヒト由来の乳酸菌でも便秘は治りますか?

定着性の高いヒト由来の乳酸菌を摂取すれば、「善玉菌が腸内に留まり続ける状態」となるため、手強い便秘も改善していきます。

また腸内環境の悪化によって生じていた、臭いオナラやお腹の張り、免疫力の低下なども改善しますので、摂取することで得られる効果は「動物・植物由来の乳酸菌と同じ」と捉えて良いでしょう。

ヒト由来の乳酸菌でも体質に合わないことはありますか?

はい、あります。

人間の体に存在する乳酸菌は1億~1,000億個とされているため、ヨーグルトから摂取した乳酸菌が「自分の体に存在しないケース」も稀にあるようです。

高い効果と定着性で知られるヒト由来の乳酸菌ではありますが、2週間続けても何の効果も感じられない場合は、「この菌は自分に合わなかった」と判断して、次の乳酸菌にシフトした方が良いでしょう。

また抗生物質を飲んでいる人は乳酸菌も死滅しやすい傾向がありますので、「自分に合った乳酸菌なのか?」をチェックする際には、なるべく服薬をしない方が判断しやすくなります。

ヒト由来の乳酸菌にはどんな種類がありますか?

乳酸菌には、下記の3種類が存在しています。

・ヒト由来の乳酸菌
・植物由来の乳酸菌
・動物由来の乳酸菌

なかなか乳酸菌の効果が得られない人には、ヒト由来の乳酸菌がおすすめとなりますので、ぜひサプリメントやヨーグルトを活用して「身体に馴染みやすい菌」を摂取してみてください。

人気の高いヒト由来の乳酸菌」を5種類ご紹介!

《BB536ビフィズス菌》

生きたまま大腸に届くことができる、酵素や酸に強いビフィズス菌です。免疫機能をアップすることで、インフルエンザや風邪、花粉症などを予防できます。また大腸がんの発症に繋がるETBF菌を抑制することもできますので、腸内に存在する危険因子を予防したい人にも適した存在であると言えるでしょう。

FK-23乳酸菌

加熱処理を行ったFK-23乳酸菌には、高い免疫調整作用があります。抗がん剤の副作用軽減や感染症の抑制作用もあるため、一般の乳酸菌よりも遥かに高い効果が得られる存在と言えるでしょう。またFK-23乳酸菌はアトピー性皮膚炎にも効果があることで知られていますので、アレルギー性の肌トラブルに悩む方はぜひ摂取してみてください。

T2055乳酸菌(ガセリ菌SP株)

雪印メグミルクの研究所で培養された、ヒト由来のプロバイオティクス乳酸菌です。生きたまま腸に届くだけでなく、「腸に長く留まれる」という特徴があるため、1日に何度も乳酸菌を摂取できない人にもおすすめの存在となっています。

T2055乳酸菌に関する研究報告では、「摂取から90日経っても人間の糞便にT2055乳酸菌が検出できた」という報告もありますので、定着性重視で乳酸菌を選ぶ皆さんには特に適した種類であると言えるでしょう。また2015年に開催された日本乳酸菌学会では、ガセリ菌SP株における「脂質排出効果」が発表もされていますので、メタボリックシンドロームの予防やダイエットに適した乳酸菌となっています。

L-92乳酸菌

カルピス社によって発見された、アレルギー緩和作用の高い乳酸菌です。L-92乳酸菌は腸内の免疫機能そのものを高めることができるため、通年性のアレルギー性鼻炎などにも高い効果を発揮します。L-92乳酸菌を配合した商品は、ドリンクタイプとサプリメントがありますので、「自分のライフスタイルに合ったものを選べる」という点でも、摂取しやすい存在であると言えるでしょう。

EC-12乳酸菌

EC-12は、「ヒト由来の死菌」という珍しいタイプの乳酸菌です。近年では「バイオジェネクス」と呼ばれる死んだ乳酸菌の効能が注目されており、EC-12もそのひとつとして人気を高めています。加熱処理によって微細になったEC-12は、「腸管のパイエル板に取り込まれやすい」という特徴がありますので、他のヒト由来の乳酸菌で効果が出なかった人でも、整腸作用に繋がりやすい存在であると言えるでしょう。またEC-12には、「1gで1兆個の乳酸菌が含まれていること」でも知られていますので、コストパフォーマンス重視で乳酸菌選びをする皆さんにも適した菌と言えそうです。

まとめ

人間の糞便から抽出された「ヒト由来の乳酸菌」は、自分に合った乳酸菌に出逢えない皆さんにもおすすめ度の高い存在と言えそうです。

ここで紹介したBB536ビフィズス菌、FK-23乳酸菌、ガセリ菌SP株、L-92乳酸菌、EC-12乳酸菌は、ヨーグルトやサプリメントに配合されている乳酸菌となりますので、ぜひお店や通販サイトで自分に合ったものを選んでみてください。

TOPページへ戻る