腸の健康が体全体の健康に関わることが、研究によって明らかになってきました。この免疫の6割~7割が腸の中に存在しています。免疫に深く関わる、マイクロファージ、NK細胞、キラーT細胞や、抗体を作り出す免疫システムの多くが腸内に存在するのです。

また、この腸内の免疫を高めるには、腸内細菌(善玉菌、悪玉菌)のバランスが重要と言われていますよね。そのため、腸内を改善するための乳酸菌の研究開発が企業でさかんにすすめられていて、様々な乳酸菌が開発されています。菌の種類によっても機能が違うため、自分の目的に合った乳酸菌サプリを選ぶと効果的です。それでは、どうやって自分に合った乳酸菌サプリを選ぶのか、ご紹介していきます。

乳酸菌は種類によって機能もさまざま

kin

おおまかにわけて、乳酸菌は動物性乳酸菌、植物性乳酸菌、その中にさらに形によって乳酸桿菌・乳酸球菌・ビフィズス菌などど分類されます。それぞれの菌の居場所もちがいますし、作用も異なります。例えば、おなじみのビフィズス菌は、大腸に作用しますし、エンテロコカッティスは、小腸に存在して、免疫に働きかける効果がとくに高い乳酸菌です。

動物性乳酸菌乳酸桿菌ラクトバチルス小腸の中にすむ。免疫力を高める
SN13T株は、ピロリ菌を殺す
乳酸球菌エンテロコカッティス一度にたくさんの量が取れることが特徴。
善玉菌を増やす、免疫を高める効果
ラクトコッカス
ストレプトコッカス
ビフィズス菌ビフィドバクテリウム主に大腸にすむ。便通の改善
植物性乳酸菌乳酸桿菌ラクトバチルス免疫力を高める
乳酸球菌ロイコノストック一度にたくさんの量が取れることが特徴。
善玉菌を増やす、免疫を高める効果
ベディオコッカス
テトラジェノコッカス
エンテロコカッティス

便秘に悩んでいるなら、ビフィズス菌入りのもの、免疫を高めたいなら、乳酸球菌のなかのエンテロコカッティスを選ぶなど、自分の悩みに合わせた乳酸菌を選ぶと、効果が感じやすいですよ!

様々な機能をもった乳酸菌

冒頭に書いたように、健康をたもつための、腸の役割がクローズアップされる中、さまざま機能をもった乳酸菌が開発されています。

  • 便通を改善
  • 腸内フローラの改善
  • アトピーを改善する
  • 花粉症を改善
  • メタボを改善
  • カンジタを改善
  • 免疫を高める
  • 白血球を増やす

などなど・・。今の自分の悩みにあった乳酸菌を探してまずは、試してみることをおすすめします。

まずは1週間から2週間試してみましょう!

まずは、1週間から2週間、ためしてみましょう。人の腸内の細菌は、人によって違うため、乳酸菌サプリも、合う、合わないということがあります。効果がうたわれているものの、逆に便秘になってしまったり、下痢になってしまったりすることもあります。(ものによっては、効果が出始める期間が数週間後ということもあるので、乳酸菌を購入するときにチェックしましょう。例えば、カルピスのアレルケアなどは、8週間継続後に、アレルギー症状が緩和した、という研究結果があるので、8週間以上は続けたほうがいいですね。)

自分に合う乳酸菌の場合は、飲んだ次の日からお通じが改善することもあります。これは、試してみないと分からないところがありますので、実際に飲んでみて、効果をはかることが自分に合う乳酸菌サプリメントに出会う秘訣になります。

TOPページに戻る