健康や美容に良いとされる乳酸菌ですが、自分の体質と合わない場合は、「なかなか効果が実感できない」という状態が生じます。今回は「乳酸菌との相性」を中心に、乳酸菌の選び方や摂取方法などのお話をしていきますので、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

こんな人は乳酸菌が合っていないのかもしれません!

cho2

乳酸菌サプリメントやヨーグルトなどを摂取していて、こんな状態に陥っている人は「乳酸菌との相性が悪い・乳酸菌が効いてない」と言えます。

・毎日乳酸菌を摂取しているのに体調が変わらない
・便秘が全く解消しない
・オナラの回数とにおいが臭いままである
・排便後もお腹がスッキリしない

このような状態に悩む人の中には「乳酸菌は全く効果がない!」と感じて途中で摂取をやめてしまう皆さんもいるようですが・・。

乳酸菌は「自分との相性が良いものを選んだ時に最大限の効果を発揮する」と言えますので、根気強く「乳酸菌ジプシー」をする必要があるのです。

人間のお腹にはたくさんの腸内細菌がいる!

kin

人間のお腹に存在する腸内細菌は、100兆個とされています。

腸内には乳酸菌だけでも1億~1,000億個、ビフィズス菌に関しては1兆~10兆個もの細菌が存在しますので、「自分のお腹に不足している菌と出逢うこと」は非常に難しい実情があるのです。また人によっては「特定の乳酸菌が体質的に合わないこと」もありますので、他の栄養成分と同じように捉えて、自分と高相性の乳酸菌選びを進めていくのが理想と言えるでしょう。

目的に合った乳酸菌を選んでみましょう!

乳酸菌にはそれぞれに得意分野があるため、自分の悩みに合ったものを選ぶことで「相性の良い乳酸菌」と出逢える確率がアップします。

また自分の不調に合った乳酸菌からスタートした方が、「本当に効果があるのか?」という点も評価しやすくなりますので、どんな商品から始めたら良いのかわからない皆さんは、下記の一覧を参考にしてみてください。

・腸内環境を整えたい(整腸作用が高い) → L-55乳酸菌、BB536菌、ガセリ菌SP株
・免疫力を高めたい → プラズマ乳酸菌、ガセリ菌SP株
・内臓脂肪やコレステロール値を下げたい → ガセリ菌SP株、BB536菌
・アレルギーを抑えたい → L-55乳酸菌、乳酸菌シロタ株、LGG乳酸菌、BB536菌
・皮膚機能を改善したい → LB81乳酸菌

どのぐらい乳酸菌を摂取すると効果が出るの?

腸内環境を健康に保つ上で必要な乳酸菌の量は、「1日1兆個以上」が理想とされています。

前述の摂取量は「善玉菌のエサになる死菌」による数字となりますので、生きたまま腸に届く乳酸菌の場合は、更に多くの数が必要になると捉えて良いでしょう。また乳酸菌の含有量はサプリメントやヨーグルトによって異なりますので、「100~200gを毎日コツコツ摂取すること」を心掛けるようにしてください。

こんな摂取法の人は乳酸菌の効果が出ないこともある!

乳酸菌の摂取方法を間違っている人は、なかなか効果が実感できない傾向があるとされています。

特に下記の4つに当てはまる皆さんは、「なるべく早く乳酸菌摂取を見直した方が良い」と言えますので、自分に合う菌選びと併せて方向転換をするようにしてください。

《合わない乳酸菌を摂り続けている》

相性の良くない乳酸菌を摂り続けることは、「お金と時間の無駄」とも言える行為です。

乳酸菌を配合したヨーグルトや発酵食品はスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどでも購入できますので、「全く効果のない乳酸菌」は早めに摂取を止めて、自分の体に合うものを探すようにしてください。

《乳酸菌の摂取量が足りていない》

乳酸菌の効果が見られない人の中には、「腸に必要なだけの乳酸菌を摂れてない」というケースもあるようです。

乳酸菌配合量が最も多いのは「乳酸菌サプリメント」となりますので、ヨーグルトや発酵食品で腸内環境が改善しない場合は、違う商品にシフトして摂取量を増やすことを検討してみてください。

また2週間ぐらいヨーグルトを食べて効果が見られない場合は、「摂取量を少し増やして暫く様子を見ること」もおすすめです。

《抗生物質を飲んでいる》

病原性の細菌を殺してしまう抗生物質は、ヨーグルトなどから摂取した乳酸菌やビフィズス菌を殺してしまう難点があります。
また病気にかかっている人は、乳酸菌が元気なまま腸に届きにくい状態となっているため、自分に合う乳酸菌選びをする時には「風邪などにかかっていない時に行うのが理想」と言えるでしょう。

《腸に到達する前に乳酸菌が死んでいる》

胃酸などの消化酵素の働きが強い人は、腸に達する前に乳酸菌が死んでしまうこともあるようです。
この場合は、「生きたまま腸に届く」というキャッチフレーズで販売されている乳酸菌がおすすめとなりますので、ぜひパッケージなどを確認してみてください。

まずは2週間続けることから始めてみて!

乳酸菌などの栄養成分の効果は、最低でも2~3週間で出てくるのが一般的となっています。

便秘解消目的で乳酸菌を摂取した場合は、もう少し早く効果が出てきますので、まずは「1~3週間、乳酸菌製品を摂り続けること」から始めてみてください。

1ヵ月以上同じ乳酸菌を摂り続けても「全く便通が良くならない」という場合は、その菌が「自分に合わない」と断定して良いでしょう。

まとめ

美容や健康に高効果を発揮する乳酸菌でも、「全ての人に全ての菌が合う」というわけではなさそうです。

最近の研究では、さまざまな特徴を持つ乳酸菌が発見されていますので、色んな製品を試しながら「自分の腸内環境を改善してくれる乳酸菌」を見つけてみてください。