乳酸菌が体にいいことは皆さんご存知だと思いますが、乳酸菌にはいくつもの種類があることを知っていますか?この乳酸菌は大きく分けると、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌と言う2種類に分類することが出来ます。

そこで今回は、この2種類の乳酸菌はどんなところに違いがあるのか、どちらの乳酸菌をたくさん摂った方がいいのか少し詳しくご紹介していきたいと思います。

動物性乳酸菌とは

ushi

「乳酸菌」と聞くと最初に思い出すのは…ヨーグルト、ではないでしょうか。

このヨーグルトの原料は主に牛乳で、動物性乳酸菌が含まれた代表的なたべものと言っていいでしょう。

そもそも乳酸菌とは、糖を発酵させて乳酸をつくる生物のことを言います。動物性乳酸菌とは牛乳やヤギミルクなどの乳に含まれた「乳糖」を発酵させて乳酸をつくり出します。動物性乳酸菌によってつくられた食品は、ヨーグルトの他に乳酸菌飲料やチーズなどです。

この他には、くさやも動物性乳酸菌が作ったものに含まれます。くさやの干物を作る時のくさや汁の中に乳酸菌の仲間が含まれているためです。

植物性乳酸菌とは

この植物性乳酸菌という言葉自体、あまり聞いたことがないかもしれませんが、味噌やしょうゆ、ぬか漬けやキムチなどと言った普段何気なく口にしている食品の中に豊富に含まれています。

植物性乳酸菌を含む漬物

この他にも調味料のみりんや野沢菜、ザーサイなどの漬物にも植物性乳酸菌が含まれています。

動物性の乳酸菌は糖をエサにしていたのに対して、植物性乳酸菌は豆や米、麦、野菜などに含まれるブドウ糖やショ糖、麦芽糖や果糖などをもとに発酵を行います。

植物はアルカロイドやタンニンなどと言った抗菌物質(毒)をつくるので、植物性乳酸菌はこれらの過酷な条件に耐えなければなりません。そのため、植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも生きるちからが強いのです。

他にも植物性乳酸菌は酸度が高い状態や塩度が高いところでも存在することが出来るので、栄養がたくさんあって安定した環境で育つ動物性乳酸菌と大きく異なる点だと言えるかもしれません。

どちらをたくさん摂った方が体にいいのか?

このように動物性乳酸菌と植物性乳酸菌とでは、原料とする物質や生育する環境が全く異なっています。

アルカロイドやタンニンなどと言った抗菌物質(毒)の中で生き残るため、植物性の乳酸菌のほうが勝っていると思われがちですが、そうではなく、動物性乳酸菌、植物性乳酸菌ともに人間にとって必要な乳酸菌です。

どちかと言うと植物性乳酸菌の方が過酷な状況でも発酵食品をつくることが出来るので強そうなイメージがありますが、食事の基本は「バランス」が大切なので、どちらも摂取する必要があります。動物性・植物性の乳酸菌をバランスよく、自分に合った乳酸菌を取ることが大事ですね。

ヨーグルト=動物性乳酸菌 納豆や漬物=植物性乳酸菌といった具合に、バランス良く食生活に取り入れましょう。(乳製品アレルギーの方は注意してください。)

TOPページに戻る