乳酸菌には、生菌と死菌の2種類があります。生きて腸までとどく菌もあれば、届かない菌もあります。この2つの違い、メリット、デメリットなどを紹介していきます!

乳酸菌選びに活用してください。

死菌(バイオジェネクス)にもメリットがあるの?

201337052541

加熱処理によって菌を殺された乳酸菌を「死菌(バイオジェネクス)」と呼びます。

死んだ乳酸菌と言うと「死骸」や「効果のないもの」というイメージがあるかもしれませんが、実際は生きた菌である「プロバイオテクスよりも高い効果のあるもの」として注目され始めているのです。

死菌を摂取する最大のメリットは、「善玉菌を増やす効果があること」です。死菌は自ら善玉菌のエサになるため、腸内環境がどんな状態であっても、安定性の効果を発揮します。

また死菌には「サイズが小さく安定している」という特徴もありますので、大量に摂取しても腸に届かないケースも考えられる生きた菌(プロバイオテクス)と比べて、効率良く腸内環境を改善できる存在と言えそうです。

胃酸によって「死んだ菌」と「死菌(バイオジェネクス)」は違うのでしょうか?

唾液や胃酸によって死んでしまった乳酸菌も、腸内細菌のエサになることで知られています。

これに対して加熱処理によって作られた死菌は、「腸内の善玉菌を増やしてくれる効果」に優れた傾向がありますので、唾液や胃酸によって死んだ菌よりも確実性の高い作用が期待できるのです。

死菌(バイオジェネクス)によって得られる効果は?

死菌(バイオジェネクス)の摂取によって腸内の善玉菌が増え始めると腸内環境が改善し、便通が良くなります。

便秘が解消すると、臭いオナラや体臭、肌荒れなども回復していきますので、基本的な効果は「生きた乳酸菌とほとんど変わらない」と考えて良いでしょう。

また死菌によって腸内環境が良くなれば、アトピーやアレルギー疾患の改善、免疫力アップ、内臓脂肪やコレステロール値の低下、ストレス軽減などの効果が得られますので、これまでプロバイオテクスを摂取していた人でも「死菌(バイオジェネクス)の作用に不満を持つことはない」と断言できます。

生きた菌(プロバイオテクス)のメリットも確認しておきましょう!

生きたまま腸に届くプロバイオテクスは、病原菌や悪玉菌、悪玉コレステロールなどの「身体に悪いものを排出する力に長けている特徴」があるとされています。

特にファーストフードやジャンクフード、お酒の付き合いなどが続いて腸内環境が明らかに乱れている場合は、腸内フローラに作用するプロバイオテクスがおすすめとなりますので、ヨーグルトなどから元気な乳酸菌を摂取するようにしてください。

またプロバイオテクスには、動脈硬化などの生活習慣病やメタボリックシンドロームなどの予防にも高い効果がありますので、多忙な毎日を過ごしている皆さんにも、おすすめ度の高い乳酸菌と言えそうです。

結局、プロバイオテクスとバイオジェネクスは何が違うの?

プロバイオテクスとバイオジェネクスの違いは、下記のように考えると解かりやすいです。

・プロバイオテクス→乳酸菌自ら直接的に腸内フローラに作用する
・バイオジェネクス→善玉菌のエサになることで間接的に腸内フローラに作用する

生きた乳酸菌には「菌を作るコスト」がかからないため、ヨーグルトなどの低価格食品に多く含まれている特徴があります。

これに対してバイオジェネクスは、「1リットルから数グラムしか取れない」という希少価値の高いものとなりますので、金額的な部分から乳酸菌選びをする人には「プロバイオテクスがおすすめ」と言えるのです。

またバイオジェネクスには「腸管免疫中枢パイエル板に直接作用する」という特徴もありますので、風邪や病気などによって抗生物質などを飲んでいる人でも愛飲できる存在となります。

参考!プレバイオティクスという用語もある!

腸内環境を改善するには、乳酸菌に関するプロバイオテクスとバイオジェネクス以外に、「プレバイオティクス」という概念も存在しています。

プレバイオティクスは、「乳酸菌と一緒に摂取することで、自らがその栄養源となるものの総称」となりますので、ヨーグルトや発酵食品の働きを高めるためにも、ぜひプラスするようにしてください。

具体的には、蜂蜜やバナナに含まれるオリゴ糖や、キノコ類、ゴボウ、こんにゃくなどの食物繊維がプレバイオティクスの代表となりますので、乳酸菌と一緒に摂取する習慣を付けると良いでしょう。

まとめ

ネガティブなイメージを受けがちな「死んだ菌」ですが、実際は「生きた菌」と同様の高い効果が期待できる存在と言えそうです。プロバイオテクスとバイオジェネクスには「それぞれに長所がある」と言えますので、用途や体調、予算に合ったものを選ぶようにしてください。