origo
カイテキオリゴを試してみました。

ネットの広告でもよくみかけますよね。広告も大々的にやっている印象です。

モンドセレクションの金賞を受賞していますし、日本サプリメント評議会の安心・安全サプリメントに認定されています。

サプリメントですが、大手で研究所を持っているところだけではなくて、小さい企業も多く、中には品質があやしいところもあります。(そんな会社の広告にだまされないように!)

とあるサプリメーカーは、添加物を美容成分と表示していました。サプリメント評議会で認定されているサプリには、このような危ないサプリは含まれていません。

カイテキオリゴは安全性は問題ないでしょう。

安心安全サプリメントに認定されています。↓

origo2

カイテキオリゴを飲んでみたい便秘がちで悩んでいる・・という方が多いのではないでしょうか?

肝心の便秘への効果はどうか、というところで、実際に飲んでみて、快便になったかどうかお伝えしていきます!

カイテキオリゴってひどい便秘に効果があるの?

まず、会社で紅茶を飲むときに利用したり、お料理(甘酢漬けや、煮物などに。)に利用してみました。普通の白砂糖をいれるよりもはるかに健康に良いことは間違いありません。

origo3

結果ですが、私の場合、理想的なバナナうんちがでる!ほど効果を実感したということはありませんでした。

人の腸の中には、さまざまな菌がいて、それぞれ、オリゴ糖との相性も違います。

オリゴ糖にも、乳糖、イマソルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ラフィノース、キシロオリゴ糖、セロオリゴ糖、ラクチュロース、大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、乳糖などなどいろいろな種類があります。

どのオリゴ糖と相性がいいかは、ひとそれぞれ違いますので、私に合わなかったのかもしれませんが、これだけで劇的にお腹の調子が良くなる!ということはありませんでした。

ネットでみかける口コミサイトは、ステマです。(ステルスマーケティング=つまり、やらせ)

さらにカイテキオリゴの味ですが、まず、甘みがほとんどありません。ドラックストアで手に入る、イマソルトオリゴ糖や、オリゴのおかげと比べてもあまり甘みがありません。

ほとんど甘みがないので、飲み物に入れても甘さを感じませんでした。

そのため、飲み物やお料理にあまり甘みが付かないんですよね。なので、積極的に利用するのをだんだんやめてしまう、という結果にもなりました。

カイテキオリゴがおススメできない訳。

効果も私の場合はあまり感じられなかったのですが、カイテキオリゴの成分でちょっと気になることがあります。

精製してある糖は体を冷やす

”白砂糖は体を冷やす”ということを聞かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

どうして白砂糖が良くないかというと、精製されて、栄養素を排除している、化学的な物質で、カロリーだけが残っているからです。

白砂糖の精製度の高いものは糖質が99.8%にも達して、本来サトウキビに含まれていた他の栄養素を可能な限り排除しているので、栄養の無いカロリーだけの食品となります。

出典:砂糖の話

コンビニの食べ物に含まれている添加物も、なぜ体に悪いか、長期的な害ははっきりしていません。(ひとつには、保存料が私達の腸内の良い菌を殺してしまうからです。保存料自体に殺菌効果があるため。)

でも、確実に私達の体に悪影響を与える原因は解明されていませんが、やはり科学的なものがなんらかガンなどの異常細胞を引き起こすと考えられています。

カイテキオリゴの中には、精製の過程でできた、ショ糖が含まれています。ショ糖=白砂糖の主成分です。

カイテキオリゴには、ショ糖が入っています。↓

origo4

できるかぎり、白砂糖は体を冷やすもとですので、とりいれないほうがいいのですが、毎日摂りたいオリゴ糖をカイテキオリゴにした場合に、ショ糖を知らず知らずに摂取してしまうことになります。

製品の全体の1%程度(?)にすぎないというお話ですが、それでも白砂糖は取るべきではありません。

ちょっと高い

もうひとつ気になる点。他のオリゴ糖商品よりも、すこし高いことです。1か月1袋で十分ですが、1袋2500円。

劇的に効果があるなら良いのですが、そうでなけければ安くない金額です。

私は、これから紹介する、フラクトオリゴ糖を最近購入するようになったのですが(その前はドラックストアで購入したイマソルトオリゴ糖)を使っていました。)かなり快腸です。

値段も高いですし、効果もはっきりしたものがないかな?というのが正直な感想です。

それではおすすめのオリゴ糖とは?

まず試たいのはトクホのフラクトオリゴ糖です。

origo8

安いし、効果大!トクホ指定だから、あやしいサプリよりも各段におすすめです。

origo9

アマゾンで1200円程度で買えますし、1日に小さじ4杯摂取で良いので、1か月は余裕もつでしょう。

700mgでだいたい500mgのペットボトルと同じぐらいです。

origo7

SCIENCE(サイエンス)の記事にガン抑制効果がある発表が!

日本のガン免疫療法のリーダー、中村裕輔先生のブログの中に紹介されていた記事です。

先日のSCIENCE(サイエンス・・小保方さんが論文を出したあのSCIENCE誌です。)

腸内のビフィズス菌がガン抑制効果があるのではないか?と仮説をたてて行われた研究だそうです。

難しい内容ですが、要約すると、フラクトオリゴ糖を栄養源とする、バクロティクスという細菌が免疫に影響を与えるのではないかとのこと。↓

CTLA-4抗体の論文では、バクテロイデスという細菌が利用されている。この菌は、われわれが消化するのが難しい、フラクトオリゴ糖などの糖を栄養源として利用しており、従来から腸管の免疫に影響を及ぼすことが知られている。

2匹のマウス(違うところから購入したマウス)に同じガン細胞を移植。ビフィズス菌とガン細胞を殺す役割についての実験。↓

PD-1抗体の論文では、同じ系統のマウスを2ヶ所の企業から購入して、それらに腫瘍を移植し、腫瘍の増大を比較するところから始まっている。異なる場所で飼育されたマウスでは、腸内細菌が異なり、それが免疫に影響を与え、腫瘍の増殖の速さが違ってくる仮説(腸内細菌―腸管免疫―腫瘍での免疫環境)で話がつながってくる。2種類のマウスを比較して、腸管内のある腫のビフィズス菌と腫瘍内の細胞障害性(がんを殺す)リンパ球数の関連性を示している。非常に興味深い。

引用:中村裕輔のシカゴ便り

がんこな便秘の方にもおすすめ

フラクトオリゴ糖、私にはかなり効果がありました。

おすすめは、森下仁丹のヘルスエイドビフィーナ(ビフィズス菌サプリ)と合わせて飲むことです。

森下仁丹のヘルスエイド・ビフィーナは、消費者庁の機能性表示食品(便通や腸内環境を良くすることが科学的にはっきりしている)として認められています。

origo10

トクホのフラクトオリゴ糖と、ビフィーナの組み合わせは効果あり!

origo9

ビフィーナ・・腸まで9割以上のビフィズス菌が到達する+フラクトオリゴ糖でさらに腸内のビフィズス菌が増える!!

とういことです!

森下仁丹のヘルスエイドビフィーナは、ビフィズス菌もしっかり腸にとどきます。(9割以上がとどく)プラス、ビフィズス菌のエサになるフラクトオリゴ糖をとれば、腸の中のビフィズス菌が増えて、便秘解消に効果があります。

日本オリゴのフラクトオリゴ糖 700g

新品価格
¥1,205から
(2015/12/2 22:37時点)

痩せ体質になれる可能性も!

ビフィズス菌の糞(ビフィズス菌がオリゴ糖をエサとしたときに出る物質)の中に短鎖脂肪酸があります。

この短鎖脂肪酸は、腸壁から余計な脂肪分が吸収されるのをブロックします。大食いのギャル曽根さんの腸の中のビフィズス菌の量は、人の2倍から3倍だそうです。

つまり、脂肪の吸収をブロックする短鎖脂肪酸の量も多いため、太らないことも考えられます。

ビフィズス菌とフラクトオリゴ糖の組み合わせがベスト!

ビフィズス菌を補って、プラス、ビフィズス菌のエサになるフラクトオリゴ糖の組み合わせが間違いなくベストです!

高いカイテキオリゴを買うよりは、トクホのフラクトオリゴ糖+ビフィーナの組み合わせが絶対おすすめです。

便秘に、ダイエットに、がん予防にと、最高の組み合わせです。