久光製薬のEC12を試してみましたので、正直な口コミと感想をご紹介していきます。まず、管理人についてお伝えしますと、”便秘がちで下痢がち””貧血で病院に通っているため、免疫を高めるために乳酸菌を飲んでいる”という体質になります。

免疫(白血球)を強くするために、普段はEF2001をのみ、腸内フローラを改善して、よいうんちをだすために、森下仁丹のヘルスエイドシリーズ・ビフィーナを飲んでいます。平行して、乳酸菌を実際にためして、効果などの体験談をこちらで掲載しています。

おためし1810円を購入してみる!

ひとのお腹の中には膨大な数の菌がすみついています。ひとによってそれぞれ違うため、自分にあった乳酸菌をみつけるには、まずは試してみることが大事です。

ということで、久光製薬のEC112を購入してみました。1810円で30日分です。乳酸菌が自分の体にあっているかどうか、だいたい2、3週間が必要ですので、30日飲んでみれば、「便通が改善したか」「体に合うか」など、分かりますよね。

ec12

 

原材料は?

還元麦芽糖水飴、水溶性食物繊維、ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)、乳酸菌(乳酸菌EC-12(殺菌)、デキストリン)、粉末果汁(デキストリン、ブルーベリー)、でん粉、クエン酸、香料、甘味料(ステビア)

腸内のビフィズス菌を元気にするオリゴ糖、微量(0,27g)ですが、食物繊維も含まれています。

ec122

EC12株の特徴

久光製薬のEC12に使用されている、EC12株の特徴ですが、

  • 一番は、球菌で小さい菌のため、たくさんの乳酸菌をとることができること
  • 殺菌されているため、死菌だけれど、腸内の免疫細胞をが活性化する
  • 善玉菌が増えて便通が改善される

球菌で殺菌する乳酸菌は、商品として加工しやすいという特徴がります。つまり、粉末状で飲みやすく加工するため、商品として安定して販売しやすいんですね。

もちろん、殺菌された死菌でも腸の中でビフィズス菌を増やしてくれますし、免疫細胞を強化する働きはあるのですが、

・生きて腸まで届くビフィズス菌を一緒にとりたい
・免疫活性効果がより高い菌

ということを期待すると、

・生きて腸まで届くビフィズス菌を一緒にとりたい⇒森下仁丹のビフィーナ
・免疫活性効果がより高い菌⇒EF2001(BRM乳酸菌、メガサンA150)

こらら2つのほうがずばぬけて優秀、とういのが管理人の感想です。

便秘の効果を期待するなら、ビフィズス菌も一緒に取ったほうが効果的かも。

実際に、森下仁丹のビフィーナを続けてのむと、うんちの質(汚くてすみません・・・)が改善します。りっぱなバナナうんちが良い便の理想のカタチですが、管理人の場合、森下仁丹のビフィーナを飲んでいる間は、便の調子がかなり良い状態です。

久光製薬のEC12の場合は、私の場合は、得に便通に大きな変化はありませんでした。これも、「乳酸菌が体に合う、合わない」がありますので、お試しなどを利用して、チェックして、合うものを飲み続けることが大事です。

ただ、便秘を直したいなら、ビフィズス菌が入っているサプリのほうが効果は高いでしょう。なぜなら、ビフィズス菌は大腸に作用するからです。年齢とともに、ビフィズス菌はどんどん減少してしまいます。

【注意】ビフィズス菌と乳酸菌は同じようで別モノです。ビフィズス菌(人の大腸に主にすむ)・乳酸菌(乳製品などから作られた菌)

減少してしまったビフィズス菌を増やすよりも、ビフィズス菌を補ってあげて、さらに乳酸菌で増やす、というのが効率よく腸内を改善する秘訣です。

ですので、久光製薬のEC12は、私のばあいは、ビフィダスヨーグルトにかけて一緒に食べていました↓これなら、ビフィスス菌も一緒に補えます。

ec123

エンロコカッティス・フェカリスは免疫を活性化させる効果

私は、エンロッカッテイス・フェカリスは、EF2001(免疫を強くする力が一番強いいう報告がある)を飲んでいます。こちらも、便秘に効果がある(オナラや便のにおいは改善しました。)というよりは、白血球を増やす、免疫をあげる目的で飲んでいます。

エンロッカッテイス・フェカリスは免疫をあげたい、感染症を防ぎたいという目的の方にはおすすめできます。

久光製薬のEC12も、実際飲んでみた感想は、便秘にてきめんに効果は感じない、というのが正直なところです。これは、私の場合ですので、口コミなどを見ても、”効果があった派””なかった派”に分かれますね。

「ひどい便秘なので、治したい」という方よりは、ひごろから免疫を高めて健康な体を保つために乳酸菌をのみたいというかたにおすすめします。

いずれにしても、乳酸菌は個人差があって、合う、合わないがかなりあるので、まずはお試しで1か月飲んでみることをおすすまします!

 

TOPページへ戻る