Bb12株とは?

北海道のよつ葉乳業が製造している、ビフィズス菌Bb12株の効果をご紹介します。整腸作用、免疫活性の2つの効果があって、優秀な乳酸菌です。しかし、よつ葉乳業のBb12株のヨーグルトはあまりお店でみかけませんね。

筆者は、成城石井でよつ葉乳業のヨーグルトを発見しましたが、手に入りずらいのがネックかもしれません。

高級志向のスーパーで購入できそうですので、成城石井、明治屋などが近くにある方は是非探してみてください。

yotsuba

胃酸に強く生きて腸まで届く乳酸菌

ビフィズス菌は強い酸性の状態の中に置かれると、生き抜くことができません。

pH4.0以下になってしまうと、ビフィズス菌は死んでしまうのです。胃酸のpHは、pH1~2という状態です。

普通の乳酸菌では、腸まで生きてどどくことが非常に難しいのです。

しかし、Bb12株は胃酸と同じpH2でも生存できるビフィズス菌です。そのため、腸まで届く可能性が高いということになります。

酢酸にも強いので、ビフィズス菌が死なない

乳酸菌は、醗酵の過程で「乳酸菌」を作ります。また、乳酸のほかに、酢酸も作り出されています。

この酢酸は、強い酸性のため、腸内の悪玉菌を減らしてくれる効果があります。と同時に酢酸の強い酸性のために、ビフィズス菌も死んでしまう可能性があります。

Bb12の場合、酢酸によって、ビフィズス菌が死なないため、ビフィズス菌の数を保てるというメリットがあります。

マイクロファージを活性化~Bb12のもうひとつの役割

Bb12のもう1つの役割が、マイクロファージを活性化することです。

マイクロファージには2つの役割があります。

①生体内に侵入した細菌・ウイルス、異物(がん細胞)を消化する(処分する)

②①で消化した細菌・ウイルス、異物(がん細胞)から抗原を作って、T細胞を活性化します。

たとえばがん細胞があった場合、その死骸をマイクロファージが食べ(消化します。消化した際に抗原(物質が作り出されます。)その抗原が免疫細胞であるT細胞を活性化するというしくみです。

抗原は、細菌・ウイルス、異物(がん細胞)があるという「目印」ということです。この目印をもとに、免疫細胞は悪い細胞を攻撃します。

この抗原を作り出すのが、マイクロファージです。

Bb12株は、マイクロファージを活性化するため、免疫強化の効果があります。

Bb12株の効果まとめ

1・ビフィズス菌が生きぬき、腸まで到達するためにお通じが良くなる

2・マイクロファージ(免疫細胞のひとつ)が活性化するために、免疫強化の効果がある

整腸作用、免疫強化の2つの役割と同時に得られる乳酸菌がBb12株です。