森永ビフィズス菌BB536株とは

ウィルスの抑制効果

森永乳業のBB536は1971年に世界で始めて食品として利用されたビフィズス菌です。

ビフィズス菌を食品としてとる歴史は以外に浅いということですね。

それまでは、ビフィズス菌は、酸素や熱で死滅してしまい、食品として 利用するのは技術的に難しいとされていました。

森永乳業が発見したBB536は酸素、熱、酸につよく、生きたビフィズス 菌として食品に使用されることとなりました。

そこで生まれたのが、スーパーなどでよく見かける、なじみの深いビフィダスヨーグルトです。

biridasu

生きたまま腸までとどき、ウィルスの感染を予防するBB536は、酸に強く、生きたまま腸まで届きます。腸内で乳酸と酢酸が 作られるため、腸のぜんどう運動が活発になり、お通じが良くなる効果 があります。

また、ビフィズス菌BB536が腸まで届いて作られて作られた酢酸は、腸 内のウィルスを殺菌します。

ビフィズス菌BB536が腸内のO-157の感染が抑制するという検証結果もあ ります。

潰瘍性大腸炎の症状を緩和する効果もあり

治験の結果では、>難病の潰瘍性大腸炎の症状を緩和する効果も確認され ています。

2000人~3000人の大規模な治験を実施したころ、10人中9人の症状が緩 和するという結果が得られました。

潰瘍性大腸炎は、原因もはっきりと分かっておらず、治療法が確立され ていない難病です。

大腸ガンを発祥することも多いため、注意が必要です。

潰瘍性大腸炎の人の腸の中には、善玉菌が少ないことが分かっています。はっきりした原因は分かっていないものの、善玉菌が少なく悪玉菌が多く、腸内の状態が悪いことが根本的な引き金になっているといえます。

腸内の悪玉菌が増えてしまえば、免疫が下がり、腸内に毒素がたまり、
炎症起こりやすくなります。悪玉菌が増えることにより、大腸に炎症が起こることによって潰瘍性大腸炎や、がんを発症しやすくなります。

ビフィズス菌BB536を取り入れることで、腸内のビフィズス菌の量が増えた結果、善玉菌が増えて、炎症が起こりずらくといえます。

花粉症の症状を抑える

ビフィズス菌BB536は、花粉症の症状を抑える働きも分かってきました。

花粉症の症状では、体の中で免疫が異常に働いて、IGE(抗体)が必要以上にたくさん作り出されてしまいます。

抗体は、体から排除したいウィルスや悪い細胞などの異物と結合して、マイクロファージや好中球などの免疫細胞がそれらの異物を排除できるようにする物質です。

これがかゆみやくしゃみ、鼻水などのアレルギー症状のもとになります。

BB536は腸の中で免疫細胞に働きかけて、異常に作り出された抗体ーIGEの量を調整して、正常な働きに戻す作用があります。

そのため、免疫異常をコントロールすることができて、花粉症などのアレルギー症状に効果があるのです。